「ビブリオバトル東海決戦2013」公式ブログ

愛知・岐阜・三重・静岡、東海四県の大学生による熱き書評合戦ついに開幕!

「ビブリオバトル東海決戦2013」愛知地区予選・決勝の結果

愛知地区予選で紹介された本の一覧です。

 

名古屋市立大学予選

  • A.ジッド著『田園交響楽』
    田園交響楽 (新潮文庫)

    田園交響楽 (新潮文庫)

    【紹介者コメント】ある牧師の独白によって進む、彼と盲目の少女の物語。牧師は心を閉ざした盲目の少女ジェルトリュードの世話を引き受けた。牧師の辛抱強い世話により彼女は「美しい」世界に関心を持つようになっていく。しかし、「本当に、この世界は、小鳥の歌うように綺麗なのかしら?」と彼女が疑問を持ち始めるにつれ、牧師の善意と理想の中に紛れ込んだ彼のエゴが現れるのだった。「盲人もし盲人を導かば」をテーマにしたジッドの代表作。
  • 諌山創著『進撃の巨人
    進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)

    進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)

    【紹介者コメント】巨人が全てを支配する世界。巨人の餌と化した人類は巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが超大型巨人の出現によりかりそめの平和は崩れ去り、絶望の戦いが始まるのだった…。緻密に構成された世界観と随所に散りばめられた謎が非常に魅力的な作品です。巨人との戦いでは圧倒的な力の差を感じ、登場人物たちの絶望が伝わってきますが、一歩ずつ真実に近づいていく人類の姿を見ていると勇気をもらえます。
  • 松原始著『カラスの教科書』
    カラスの教科書

    カラスの教科書

  • 初野晴著『1/2の騎士』
    1/2の騎士 (講談社文庫)

    1/2の騎士 (講談社文庫)

    【紹介者コメント】何事にも体当たりな女子高生・マドカと残念系女装美少年・サファイア。社会的にも人間的にも弱者である2人は、無謀にも街に潜む4人の犯罪者と対峙します。狡猾かつ残忍で、時に悲しみを背負う犯罪者達による背筋の凍る難事件。登場人物による抱腹絶倒の掛け合い。ハンデを持った社会的少数派の弱さを映すことでそこに光る強さを浮き上がらせていく表裏一体な物語。驚き、笑い、感動が詰まったこの本は、私の大切な宝物です!

チャンプ本は松原始著『カラスの教科書』でした。

また、このほかにエキシビジョンとして以下の本が紹介されました。

 

南山大学予選

  • ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア著『たったひとつの冴えたやり方』
    たったひとつの冴えたやりかた 改訳版

    たったひとつの冴えたやりかた 改訳版

    【紹介者コメント】さあ、やるぞ! いよいよ、ほんとのほんとの旅のはじまり!――16歳の誕生日プレゼントにもらった宇宙船で、未知の星へ旅立った少女・コーティー。ある時目覚めると、頭の中にはエイリアンが住みついていた! 少女はエイリアンと交流を深めてゆくが、ある問題が起こる。そこで思いついた、たったひとつの冴えたやりかたとは?――宇宙のことは難しくて縁のない話? そんなことはありません。優しくて切なくて、感動にみちた物語です。
  • 伊藤守著『もしもウサギにコーチがいたら:「視点」を変える53の方法』
    もしもウサギにコーチがいたら―「視点」を変える53の方法 (だいわ文庫)

    もしもウサギにコーチがいたら―「視点」を変える53の方法 (だいわ文庫)

    【紹介者コメント】近年、「双方向」の会話を創り出し、相手の創造性、自発性を引き出す具体的な方法として、「コーチング」の必要性が唱えられています。しかし、コーチングはそんなに簡単なものではありません。相手とコミュニケーションをとる時にどんなことを心がけるべきか?イソップ物語のウサギとカメの話しに例えて、コミカルに書かれています。コーチングの話だと思いきや、実生活においてすぐに使える考え方・コミュニケーション方法がたくさんつまった一冊です。
  • 林修著『いつやるか?今でしょ!』
    いつやるか? 今でしょ!

    いつやるか? 今でしょ!

    【紹介者コメント】あの名セリフがCMで話題となった愛知県出身のカリスマ講師、林先生の経験が凝縮された人生の指南書。筆者の大学時代から今の仕事に就くまでの流れが惜しみなく書かれており、学生時代のアドバイスだけでなく、社会に出てからも読み返したくなる。今すぐ取り入れたい習慣・志向がつまっており、豊富な知識と物事の本質を突いた内容で、読みやすい。人生が大きく変わる「気づき」が得られる本があれば、いつ読むか?『今でしょ!』。

チャンプ本は林修著『いつやるか?今でしょ!』でした。

 

椙山女学園大学予選

チャンプ本は山本渚著『吉野北高校図書委員会』でした。

 

愛知地区決戦

チャンプ本は林修著『いつやるか?今でしょ!』でした。

また、このほかにエキシビションとして以下の本が紹介されました。

 

「ビブリオバトル東海決選2013」静岡地区予選・決勝結果報告

静岡地区の結果が出ました。

https://www.facebook.com/bibshizuoka/posts/520689654646531

 

予選1

チャンプ本は赤瀬川原平著『新解さんの謎』でした。

 

予選2

チャンプ本は島田祥輔著『おもしろ遺伝子の氏名と使命』でした。

 

予選3

チャンプ本は有川浩著『シアター!』でした。

 

決勝

決勝戦チャンプ本は松島俊也著『動物に心はあるのだろうか?初めての動物行動学』でした。

「ビブリオバトル東海決戦2013」岐阜地区決戦のお知らせ

岐阜地区の予選は6月7日(金)17:15より、中部学院大学で開催だそうです。詳細は追ってご連絡します。

「ビブリオバトル東海決戦2013」愛知地区決戦のお知らせ

ビブリオバトル東海決戦2013」愛知地区決戦の情報が公開されました。

https://www.facebook.com/events/368760183224252/

 

日時

2013年6月1日14:00-15:30(進行によって延長することがあります)

※同日12:00から愛知地区決戦前の最後の地区予選「名古屋市立大学予選」を開催します。 名古屋市立大学予選の出場者も募集します。愛知県内の大学生・院生ならどなたでも出場できます。詳しくは下記の申込フォームからご覧ください。


会場

名古屋市立大学滝子キャンパス1号館502号室
最寄駅は地下鉄桜通線桜山駅です。市大病院のある桜山キャンパスと間違われる方が多いのでご注意ください。桜山駅5番出口を出てそのまままっすぐ少し進むと補聴器の専門店があるのでそこを右折して、まっすぐ進むと名古屋市立大学滝子キャンパス東門につきます。


開場時間

13:45

対象

名古屋の学生・社会人(本の発表者は名古屋市立大学予選、南山大学予選、椙山女学園大学予選のチャンプ本紹介者に限ります。観覧についてはどなたでも参加可能です。)


持ち物

1冊以上のオススメ本(ジャンル問わず)


連絡先

read.nagoya@gmail.com

(読書集団READ)

 

申込

https://ssl.form-mailer.jp/fms/23b72b7d152845
facebookから参加申し込みをするだけでなく、上記の申込フォームの入力をお願いします。

「ビブリオバトル東海決戦2013」三重地区予選・決勝の結果

ビブリオバトル東海決戦2013」の三重地区予選が終了しました。以下、予選会から決勝までの結果です。 

実際のバトルでは単行本で紹介された本もありましたが、文庫版があるものについてはアマゾンへのリンクを文庫版の方にしております。

 

予選A テーマ 「猫」

  • 加藤くん|岩合光昭著『旅行けばネコ』

    旅行けばネコ (新潮文庫)

    旅行けばネコ (新潮文庫)

    【紹介者コメント】自由気ままなネコを、うまく写真に収めるのは至難の業。ところが動物写真家・岩合光昭さんの手にかかればこの通り。三河・木曽路・静岡など、各地のネコの魅力がいっぱい詰まった写真集の出来上がりです。オススメは86ページの、光があたって何とも美しい三毛ネコの姿。こんなに素敵な写真を撮る秘訣も、本書の後半に収録されている「スーパーネコ写真術」で、たっぷりと公開されています。さあ、貴方もこの本を読んで、よいネコを探す旅に出ませんか?

  • 砂原くん|内田百閒著『ノラや』
    ノラや (中公文庫)

    ノラや (中公文庫)

    【紹介者コメント】ふとした縁から養うことになり、そしてある日ふっと消えてしまった猫の「ノラ」ノラを探す日々の中で、ひょっこり現れたノラそっくりの猫「クルツ」。二匹の猫との毎日を文豪内田百聞先生が1日1日を刻々と記している随筆。ノラと、クルツと過ごした日々、失って気付くその無二の思い出。自らを本著の中で「猫好き」ではないと言ってはばからない「猫バカ」百聞先生の名著です。猫好きな方とてもおすすめです。

予選Aのチャンプ本は砂原くんが紹介した『ノラや』でした。

 

予選B テーマ「児童書」

  • 山下さん|工藤直子著『おいで、もんしろ蝶』
    おいで、もんしろ蝶 (おはなしのたからばこ 30)

    おいで、もんしろ蝶 (おはなしのたからばこ 30)

    【紹介者コメント】小さい頃、虫が好きでした。バッタを追いかけ、カタツムリを突っつき、カブト虫を眺める。そんな子どもでした。そんな私の中で、蝶は別格の存在でした。ひらひらと飛び、様々な色を持つ羽は、見ていて飽きない存在でした。さて、私はビブリオバトルで、そんな蝶が主役のお話を紹介しました。お転婆なもんしろ蝶の女の子と、彼女を見守る池の日々を覗いてみませんか?彼らの日々の結末は、きっと読者の心を震わすでしょう。
  • 浦口さん|はやみねかおる著『オリエント急行パンドラの匣
    オリエント急行とパンドラの匣 (講談社青い鳥文庫)

    オリエント急行とパンドラの匣 (講談社青い鳥文庫)

    【紹介者コメント】「名探偵」と「怪盗」─なんだか、現実味のないファンタジーのように思えますが、この本を読めば、そんなことはナイ!私はこの本を小学生の頃に読みましたが、名探偵や怪盗は本当にいるんじゃないかと思っていました。いや、今も思っています。そのくらい、作者であるはやみねさんは読者の中心である子どもたちを本気でだましにきています。みなさんも『児童書』という枠にとらわれず、読んで、物語に引き込まれてみませんか?
  • 奥野さん|F.K.ヴェヒター著『赤いおおかみ』
    赤いおおかみ

    赤いおおかみ

    【紹介者コメント】人の家で生まれ育った、ヨークシャテリアの「ぼく」。彼はある日、乗っていた馬車の荷台から転げ落ちてしまう。雪がしんしんと降り続く、残酷なまでに広い雪原。そこで凍える彼を助けてくれたのは、一匹の母親おおかみであった。厳しい自然環境の中で生き抜くため、彼は「おおかみ」として新しい道を歩み始めるのだが…。生きること、死ぬこと。誰かを愛すること、そして悲しむこと。すべてが詰まった一冊。

予選Bチャンプ本は奥野さんが紹介した『赤いおおかみ』でした。 

 

予選C テーマ「時間」

  • 中西くん|東野圭吾著『あの頃ぼくらはアホでした』
    あの頃ぼくらはアホでした (集英社文庫)

    あの頃ぼくらはアホでした (集英社文庫)

    【紹介者コメント】いつだって、誰だってアホでした。推理作家東野圭吾のエッセイ集。小学生、中学生、高校生、大学生、様々な時代が東野圭吾の魅力ある文章で書かれる。怪獣、受験、映画、サークル、時代もテーマも違うけど、共通するのはいつの頃だって「アホ」だったこと。東野圭吾と同世代はもちろん、そうじゃない人も、笑えて、どこか懐かしくて、何か心がむず痒い、そんな気持ちになれます。
  • 片岡さん|宮部みゆき著『蒲生邸事件』

    蒲生邸事件 (文春文庫)

    蒲生邸事件 (文春文庫)

    【紹介者コメント】この本は事件あり、人間ドラマありの推理小説ですが、舞台は2.26事件の真っ只中、そこに主人公がタイムスリップするという宮部みゆきさん独特のSFっぽさも加えられた歴史小説でもあります。長い小説ではありますが、5章あたりからの展開は思わず目が離せなくなります。そしてラストは涙なしでは迎えられません。読み応えたっぷりの作品です、ぜひぜひ読んでみて下さい。

予選Cチャンプ本は中西くんが紹介した『あの頃ぼくらはアホでした』でした。

 

決勝 テーマなし

  • 砂原くん|さくら剛著『三国志男』
    三国志男 (SANCTUARYBOOKS)

    三国志男 (SANCTUARYBOOKS)

  • 奥野さん|橋本紡著『九つの、物語』
    九つの、物語 (集英社文庫)

    九つの、物語 (集英社文庫)

    【紹介者コメント】一人暮らしをする大学生のゆきなのもとに、二年前に亡くなったはずの兄が帰ってきた。呆れるほど読書家で、女の人にはよくモテて、なおかつ料理上手な兄・禎文。ゆきなと禎文とのいびつで幸せな生活が始まる。しかしその生活は、ゆきなが忘れていた、あるいは忘れようとしていた、ひとつの記憶によって崩壊していく。ゆきなの過去とは何なのか、そして兄が現れた本当の理由とは──九つの作品と共に紡がれる、とある兄妹の物語。
  • 中西くん|京極夏彦著『姑獲鳥の夏
    文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)

    文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)

    【紹介者コメント】「この世には、不思議なことなどなにもないのだよ。」京極夏彦の書く、怪しい世界。繊細で、恐ろしくて、どこか美しいミステリー。昭和戦後に起こった二十ヶ月もの間赤ん坊を身籠る妊婦、突如密室性から消えた男。様々な妖しい事件。起こすのは人の心に憑きし怪異。解決するのは憑き物落とし。妖怪の出ない怪異譚、京極堂シリーズの第一弾。

決勝戦チャンプ本は奥野さんが紹介した『九つの、物語』でした。

 

チャンプ本を紹介した奥野実希さんには、6月23日の「ビブリオバトル東海決戦2013」に出場していただきます。

「ビブリオバトル東海決戦2013」愛知地区大会予選会開催のお知らせ(南山大学/名古屋市立大学)

愛知県では以下の2大学でも予選会が開催されます。
 

南山大学予選会

  • 日時:2013年5月23日17:00~
  • 場所:南山大学名古屋キャンパス
 

名古屋市立大学予選会

  • 日時:2013年5月25日
  • 場所:名古屋市立大学滝子キャンパス

 

詳細はまた後日に更新します。

「ビブリオバトル東海決戦2013」愛知地区大会予選会開催のお知らせ(椙山女学園大学)

ビブリオバトル東海決戦2013」愛知ブロック大会の開催情報です。愛知では複数の大学で予選会が開催される予定です。

まずは椙山女学園大学で開催される予選会情報をお伝えします。

f:id:hiroyukiokano:20130513161514p:plain

 

開催情報

  • 日 付:2013年5月23日(木)
  • 時 間:12:30-13:20
  • 会 場:椙山女学園大学中央図書館3F 閲覧室

 

出場を希望される方は、主催団体の「椙山女学園大学図書館」までお問い合せをお願いいたします。

 

連絡先

 

観覧のみのご来場も歓迎いたします!