「ビブリオバトル東海決戦2013」公式ブログ

愛知・岐阜・三重・静岡、東海四県の大学生による熱き書評合戦ついに開幕!

「ビブリオバトル東海決戦2013」結果報告

ビブリオバトル東海決戦2013」は無事にファイナルを終えることができました。

 

バトラーの6名の発表順番(当日にくじ引きで決定)とそれぞれの紹介本は以下のとおりです。

 

チャンプ本は静岡大学の川原さんが紹介した『動物に心はあるのだろうか:初めての動物行動学』でした。川原さんおめでとうございます。
今回のイベントが無事に開催できたのは、登壇してくださった6人のバトラーの皆さまのお陰です。登壇者の皆さまには感謝申し上げます。今回の「ビブリオバトル東海決戦2013」をきっかけにして、これから先のそれぞれの生活のなかでのビブリオバトルの活動にも、さらに弾みがつくことを期待しております。

ビブリオバトル東海決戦」は来年度も開催の予定ですので、引き続きご関心をいただければと思います。

 


以下、今回の「ビブリオバトル東海決戦2013」を開催するにあたり、お世話になった各団体・関係者をご報告します。

 

今回の「ビブリオバトル東海決戦2013」では、読売新聞社さんの後援により、賞状と副賞を授与していただいました。広報や当日の運営に関しても、多大なるご協力をいただけましたことをご報告申し上げます。ご協力をいただいた読売新聞社の皆さま、ありがとうございました。


開催にあたっては、ジュンク堂書店ロフト名古屋店さんに会場提供をしていただきました。お店のイベントスペースをお借りできたことで、今回のビブリオバトルを無事に開催することができました。ジュンク堂書店ロフト名古屋店の皆さま、ありがとうございました。

 

また、今回はジュンク堂書店だけではなく、名古屋書店員懇親会(NSK)の方々にもご協力をいただき、名古屋市界隈の書店さんを中心に、「ビブリオバトル東海決戦2013」に関する特別フェアを実施していただいております。今回の「ビブリオバトル東海決戦2013」の各県の予選会から昨日のファイナルまで、すべての紹介本を棚に並べていただいております。紹介したバトラーの人たちの紹介コメント付きです。ぜひ各書店さんの店頭で、初回された本をお手に取っていただければと思います。

 

会場には特別ゲストとして、ビブリオバトルの開発者の谷口忠大先生(立命館大学)にもお越しいただきました。せっかくのお休みのところを名古屋まで足をお運びいただき、講演とサイン会を快くお引き受けくださってありがとうございました。

 

そして会場に足を運んでくださった、約100名の観客の皆さまもありがとうございます。当初の予定を越える人数が集まったため、お越しいただいた方のすべてに会場へ入っていただくことができず、立ち見が出てしまう状況になってしまったことをまずはお詫び申し上げます。皆さまのご来場とご協力があってこそ、あのような形で盛り上がることができたように思います。来年度に開催する際には、本年度の反省点を踏まえた改善策を取りたいと思いますので、ぜひ継続的にご関心をいただければと思います。



ビブリオバトル普及委員会東海地区普及委員一同

 

※追記

当日の写真をアップしました。

 

チャンプ本を紹介した川原さん(静岡大学)の発表の様子。

f:id:hiroyukiokano:20130703004214j:plain

 

ビブリオバトルの開発者である谷口忠大先生の講演の様子。

f:id:hiroyukiokano:20130703004307j:plain